一重まぶたの救世主

私は、綺麗な一重まぶたなのが昔からの悩みでした。一重まぶたは目つきが悪いと言われるか、いつも笑ってると言われるのかのどっちかで、私はいつも笑ってると言われています。それが、すごく嫌でした。一人で笑ってるとか言われることもありました。

アイプチを初めて知ったのは中学校の頃でしたが、実際に使ったのは二十歳の頃でした。綺麗な二重になりましたが、まぶたが閉じたくても閉じれないみたいで不眠に悩まされました。不眠からくる頭痛や肩こりもありました。しばらく我慢すれば、自然な二重になることを信じてアイプチを続けましたが、疲労が溜まって来たので断念しました。アイプチはデートのときや、ここぞというときにしか使いません。

アイプチは一重まぶたもきれいな二重になります。実際に私の友人はアイプチで別人のような目になりましたし、男性からも言い寄られるようになりました。それを見て私も一重まぶただったので、試しに私も使ってみましたが、不眠になりましたので辞めました。確かにアイプチを我慢すると目が大きくなりますが、笑顔が減りました。笑顔が減ったというか自然な表情ができなくなりました。目が気になるからですね。アイプチはとても魅力的ですが、やはり失うものが多かったです。アイプチは合コンや婚活パーティーなどのここぞという時に使うようにしてして普段は夜寝てる時に使う二重の癖付けアイプチ、ナイトアイボーテにしています。アイプチを使った次の日は疲労感や目の疲れが止まらないので、ナイトアイボーテは夜塗るだけなのでお勧めです。