エステに通わず実現できるならスゴイ

幼い頃に見た映画、その中に出てきた悪女に共通するセリフ「永遠の若さがほしい」。
肌の衰えに縁もゆかりもない少女時代、悪いことをしてまでナゼ若さが必要なのか・・・今では深く頷けます。
エステに通うのは費用面で気が引けるので、エイジングケアの化粧品に頼るばかりです。
一番に思い浮かぶのはコラーゲン、なんとか効率よく摂れないものかと探していたところ、ありました、新しいアンチエイジングの有効成分ナールスゲンだそうです。
コラーゲンやヒアルロン酸などは表面に塗ってハリの効果がありますが、内側には浸透しません。
しかし、ナールスゲンは細胞を活性化させることでハリ・ツヤを取り戻せる画期的な成分といわれ、期待感がとても持てます。

肌のキレイさは、内側からのものと表面に塗るもの、両方あってこそです。
中でもやはり、直接肌に塗る化粧水は特に大切だと思いますが、敏感肌の私はよく周りの人に、どの化粧水を使っているのかを質問しては手にとって試したりしています。
印象としては、お値段の高いものはテクスチャーなどに優れ、高価なものだという意識があるので、
使用する心構えが違うというか、無意識に丁寧に顔に塗っています。
最近まではコラーゲンばかり気になっていましたが、最近ナールスゲンというものを教わり、次はコレかぁとナールスゲンの化粧水を調べました。
表面を覆うスキンケアではなく、細胞の活性化によりハリのある肌を実現できるのではと、使用前からウキウキしてしまいます。