女もひげ、生えます

女性でもひげは生えるんですよ。何ていうと多くの男性はどう思うのかなあ。

実際には男性のように太いひげではなく産毛なんだけど、女性に対する理想を拗らせた男性はショックを受けるそうで(ホントかよ?!)。

ひげは男性ホルモンの働きらしいですが、女性だって男性ホルモンはあるし、体調やストレスでホルモンバランスが崩れれば、普段生えていない女性だって生えてくるんだよ?

男性はいいよねー、剃り残しがあっても大したことないし、最悪シェーバー持ち込んで会社で剃ることも出来る。

でも、女の子はそんなこと出来ないんですよ!

何でこんなにイライラしてるかと言うと、職場でひげ(産毛)を指摘されたからです。

指摘した男性は別にからかった訳ではなく、悪気も多分ない。
逆にその無邪気さが、私の感情に拍車をかけてる。

女性のひげ(産毛)の処理は、基本男性と同じで剃るのが多いです。

男性の様に場所を選ばず(本当に会社でする人がいるらしい)とはいかないけれど、簡単だし即効性も高い。

その一方デメリットもあるし、簡単とはいえ時間はかかる訳で、できればその時間は別に当てたいのが本音です。

なので、所謂除毛クリームを使うことにしました。
剃るのに比べると即効性はないとは思います。
でも、数ヵ月後には効果が出ることを願って、ね。

http://xn--pck4e3a2er93ygoihw7h.com/

アイツ、ぶん殴っていいですか?

自宅にて。
私は実家暮らしで、そこから仕事に行っているごく普通のOLなんですが、たまに(2ヶ月に一回くらい)帰ってくる弟がいます。
その時そいつ…いえ弟に言われたんですよね。「姉貴はジオンのアカハナだな」と。
最初は何のことやらでしたが、弟はもう何年も前からガンダムにはまっており(ファーストガンダムとか言うらしい)、アカハナはそこにでてくるキャラクターらしい。

当然検索しました。アイツ、ぶん殴っていいですか?
私はほんのり赤い程度じゃ!あんなに赤い訳あるかぁ~、ていうか、このキャラクターおっさんじゃん!
しかし、顔が赤いのを放置していたのは事実。頬の方は赤みが薄くて、お化粧でほとんど目立たなくなりますが、鼻の方はお化粧しても残っちゃう。

弟の暴言がきっかけなのは悔しいですが、ちゃんと取り組むことにしました。
私の場合、ファンデーションだけじゃ消えないので、コンシーラーが要るかなあ、と考えてたんです。
でも、何故かコンシーラーは苦手。友達から「どうして?」と聞かれますが、苦手は苦手なんだよう…としか言えない。
そんな状態で知ったのが、鼻の赤みを改善する化粧水という魔法の水。

友達から教えてもらったんですけどね。
友達の意見とネットの調べによると、白漢しろ彩が、なんだか良さそうです。
あ、でも、魔法と違ってあっという間には行かない模様(当たり前)。
仕様がない、魔力を持たない一般人は地道にいくしかないですね。

お肌のトーン、落ちました( ;∀;)

昨日会社の帰りに、そろそろファンデーションを切らしているなあと思ったので、コスメカウンターに立ち寄ったんです。
いつものBAさんがしっかりと私の肌に合ういつものファンデーションを、用意してくれたんですけど、このときに言われた一言にびっくり!

「あれ?何だかお肌、トーン落ちました?」って・・・。

私自身特に気にしていなかったので本当にこれを言われたときはびっくりしましたよ。
仕事がそこまで立て込んでいるわけでもないし、どうしたんだろうって。

おまけに、「もしかしたらお肌のくすみが原因かもしれませんが、あれでしたらファンデーションのトーンも下げたほうがいいかもしれません。」なんてアドバイスもされてしまって・・・( ;∀;)

何となく個人的に、意外と結構お肌は白い方だよなーなんて思っていたのでまさかくすみでトーンを落とすことになるとは。

正直ショックだったので、この日はファンデーションの購入を見送ってそのまま帰宅しちゃいました(涙)
これは何とかしないとなと思って、調べてみたらどうやらくすみを落とすクレンジングというものがあるらしくて・・・。
くすみを落とすクレンジングオイルでしっかりとケアをして、また元のファンデーションを自信をもって、お気に入りのコスメカウンターで購入できるようにするために頑張ろうって思いましたよ( `ー´)ノ

BAさんになんとなく、お肌のくすみについてアドバイスされたときも、くすみ対策のアイテムをすすめられたんですけどそこまでは何かまだいいなと思ってしまったので。
なのでとりあえず、くすみを落とすクレンジングオイルで頑張ってみます★

顔お洗ってるときに思ったこと

タオルの汚れ方で何かおかしいと思い始めましたが、最初は分からなかった。
どこかに落としたのかな?と思うくらい微妙な跡だったのでした。

徐々に汚れが増しているように感じたので、化粧品かなと思ったのです。
きちんと落としているのに?と思ったのですが、何だか落とし切れていなかったようです。

だったら肌によくない!と感じたのと、タオルも変えないと、と同時に思いました。
まあタオルは上手く縫ったたなら雑巾になると思いまだいいです。

問題は肌ですが、クレンジングが上手くできていないのは大きな問題といえるのでした。
クレンジングオイルでも難しいと思ったので、変えてみようと思い探すことにしました。

だとしたらどうしようと、濡れた手、お風呂の中でも使えるクレンジングなら確実かなと思います。
それでも選ばないといけないので、数ある中から厳選して選ぶ必要がありました。

なかなか落としきれなかったかもしれないと思っても、肌のためにしっかり探さないとです。
そこで、コレならと厳選して選ぶに、うーんとかなり考え込んでしまいました。
手が渇いてる時ばかりじゃないと思うので、だったら濡れてても使えないとダメだとは思いました。

お風呂場で落とせるなら、クレンジングを変えて早く肌のケアをしないといけません。
これまで肌に蓄積されていたのかな、と思うとゾッとしますが今度は気を付けよう。

じゃないと肌荒れを起こしてしまうと思ったので、きちんと選ばないといけません。

エステに通わず実現できるならスゴイ

幼い頃に見た映画、その中に出てきた悪女に共通するセリフ「永遠の若さがほしい」。
肌の衰えに縁もゆかりもない少女時代、悪いことをしてまでナゼ若さが必要なのか・・・今では深く頷けます。
エステに通うのは費用面で気が引けるので、エイジングケアの化粧品に頼るばかりです。
一番に思い浮かぶのはコラーゲン、なんとか効率よく摂れないものかと探していたところ、ありました、新しいアンチエイジングの有効成分ナールスゲンだそうです。
コラーゲンやヒアルロン酸などは表面に塗ってハリの効果がありますが、内側には浸透しません。
しかし、ナールスゲンは細胞を活性化させることでハリ・ツヤを取り戻せる画期的な成分といわれ、期待感がとても持てます。

肌のキレイさは、内側からのものと表面に塗るもの、両方あってこそです。
中でもやはり、直接肌に塗る化粧水は特に大切だと思いますが、敏感肌の私はよく周りの人に、どの化粧水を使っているのかを質問しては手にとって試したりしています。
印象としては、お値段の高いものはテクスチャーなどに優れ、高価なものだという意識があるので、
使用する心構えが違うというか、無意識に丁寧に顔に塗っています。
最近まではコラーゲンばかり気になっていましたが、最近ナールスゲンというものを教わり、次はコレかぁとナールスゲンの化粧水を調べました。
表面を覆うスキンケアではなく、細胞の活性化によりハリのある肌を実現できるのではと、使用前からウキウキしてしまいます。

良かったら継続

月に一度マツエクをしています。マツエク専用クレンジングは種類が少なく、アイメイクやファンデが落ちづらかったりして、コレといったアイテムがありませんでした。メイクが落ちづらいからといって、擦ったりするとせっかくのエクステがポロポロとれてしまったり、、、。まつ毛とエクステ部分の接着が多い太めのエクステに変えたりしてみましたが、ナチュリラな目元を求める私にとっては、取れやすい細いナチュラルエクステが理想でした。マツエクに負担が少なく、濃いメイクでもするっと落ちるクレンジングを探していました。色々探した中で、私はアテニアスキンクリアクレンズオイルに出会いました。やはり、使ってみないとわからないので最初はお試し感覚で購入しました。

アテニアスキンクリアクレンジングオイルの使用感は、濃いファンデやアイメイクもちゃんと落ちて、さらに、以前よりエクステの抜け具合も減りました!とってもいい感じで、これぞ私が求める商品だと思いました。やはり、エクステの抜け具合も減るとサロンに通う頻度も減るので、総合的に見てお財布に優しい商品です。アテニアスキンクリアクレンジングオイルに出会って、マツエクをする人特有のマツエクのノンオイル洗顔の問題が一気に解決出来たのでホントにオススメできる商品です。以前はクレンジング→洗顔までしてやっと落ちたかな?タオルで拭き取るとファンデが少し残ってたのに、アテニアスキンクリアクレンズオイルを使うだけでお顔もサッパリして、タオルで拭き取ってみてもキレイさっぱりです。

まつ毛美人

バンビウィンク(まつ育サプリ)の口コミ・副作用はこちら。
体毛が薄いのは前から友達からも羨ましがられていましたが、確かにそうかもしれません。
脱毛など考えたこともないので、気を遣う心配はないとも言えるのでした。
ただ、まつ毛となると話は別で、長くて綺麗なまつ毛は私からすれば羨ましいかも。
だからといって自然体でいたいから、何かないかなと考えて友達にも聞くことにしました。
やっぱり情報収集は大切だからね、といい聞かせて、友達にまつ毛の話をしたのです。

確かに私も同じく自然にまつ毛を長くしたい!というので、雑誌で発見したという話になった。
友達が見たという雑誌を見せてもらうことにしましたが、雑誌を持っていることに驚きました。
だって気になったからだよ?というので、会うって聞いたから持ってきたというので話は早いです。

バンビウィンクって知ってる?というので聞いたことがあるのはたぶん雑誌で見たからでしょう。
でも心配じゃないの?と話すと、バンビウィンクの副作用のことだったのでした。
それが考えてもみてよ、体毛は男性ホルモンでしょ?でもバンビウィンクには入っていないのと話します。

そう言われれば、男性ホルモンの関係にみたいなので、特別副作用はないみたい。
友達には、どっちにしても体毛ないよね、といわれてしまいましたが気になるところです。

友達は以前からまつ毛は気にしていたみたいなので、いっそ2人で試してみようかと話になりました。
いいかもしれないね、といいながら、体毛関係ないなら安心!と友達は感動していました。

爪や髪の毛なら問題ないよね、なんて話ながら、まつ毛美人の話題はまだ続いていました。

心の飲み薬

子供が2歳になる寸前あたりから、自分の思うようにならない時や気に入らないことがあると、かんしゃくを起こして大泣きされることが増えました。
何をしても泣き止まず、対応するこちらが疲弊してきます。
こういうときに『子供の癇癪に効くサプリメントがあるといいな』と思う時があります。

とはいえ、簡単に薬などを使うのも嫌なので、まずは『子供の気持ちを言葉にして代弁して共感してあげる』ことが一番効果があると先輩ママから教わりました。
私はそのとき、はじめての育児でもあったのでとても印象に残る言葉でもありました。
実際に試してみたら、すんなり大人しく泣き止むときもあれば泣き止まないときもありますが、一通り泣くと切り替えられたり。
全く効果がないわけではないと思いました。

子供は、自分の思いをしっかり言葉にして伝えられるようになるまで親が思う以上に時間がかかるものだと教わりました。
なので自分の思いを上手く伝えられない、伝わらない苛立ちがかんしゃくになるので、その思いを汲み取ろうとしたり、はたまた共感することが、子供のかんしゃくに効くサプリメントになると教わったことがあります。
確かに子供の立場になって考えてみると、確かに自分の思いを伝えられない、伝わらない苛立ちといったら相当なものだと想像がつきます。

なので、子供がかんしょくを起こしたら『気持ちを汲み取ろうと働きかける』『共感してあげる』この2点はとても大切なサプリメントになるのだなと思います。
あとは肩の力を抜いて、リラックスした自分で接してくれるそうが子供もリラックスできるように思います。

試す価値は大いにある

恐怖心を取り除きたいと思う人はたくさんいると思うのですが、私もでした。
アレルギーなどではないのですが、苦手な分野があるには食べ物です。

何だか小さな時に、さんざん嫌な体験をしたのだと思うのでした。
追いかけられる夢すら見たことがあるので、余程強い印象だったのでしょう。

私は肉が苦手なのですが、決してベジタリアンではないので、魚は大丈夫なのでした。
脂身が気持ち悪いなってしまうので、見ただけで怖いと思って始末です。

克服してなんとか平気になりたいと思うのですが、潜在意識の問題でしょう。
効果が期待とされていたらですが、サブリミナルCDなんていいかもと思うのです。

潜在意識なら、知らない間でも効果は出ているかもしれないので、試す価値は大いにあるといっていいでしょう。
苦手分野を克服するには、頑張りが必要だと思うのですが、それ当然でしょう。
寝ている間にでも効果はあるのかな?と思ったりしましたが、試さないと分かりません。

リッラクスした情報が必要なので、まずは落ち着こうと思って深呼吸をしました。
それから落ち着いて、頭に中を整理することがいいので、それからが大切でしょう。
そして、サブリミナルCDがおすすめと聞き、これで克服できたらいいと思えます。

絶叫マシンも苦手ですが、苦手なままでいい半ば諦めていたので、まずは肉からです。

肉からジャンジャンまではいかなくても、焼き肉を試すことができたらいいですね。

薄毛家系

もともと毛量が多く、学生時代は学校指定の三つ編みに日々悪戦苦闘していたくらいだったので、祖父母や両親が鏡を見ては自身の毛量に悲しむ姿に、髪のボリュームくらいで何故、落ち込むのだろうとあきれていました。
社会人になっても髪型に毎日悩み、多少減ってくれないかと思っていたのですが、30代の半ばでストレスによるアレルギーで通院し始めたころ、髪の毛が大量に抜け始めたのです。
また生えてくるだろうと思っていたのですが、毎日まとめていた髪の毛が少なくなってきて、徐々に地肌が見え始め、髪のボリュームで悩むようになったのです。これ以上、毛量を減らしてはならないと、インターネットで調べた髪がぺたんこにならないシャンプーを使い始めて、1本使い切る直前に、髪の分け目のところどころから産毛を見つけるようになり、毎日、欠かすことなく使うようになったのです。

鑑に映る自身の姿が、少し前のわたしよりもかなり老けていて、今まで使っていたお気に入りのヘアーアクセサリーがするんと落ちる恐怖を毎日味わうようになって、祖父母と両親の辛い思いを分かち合えるようになり、育毛剤や髪に良い食べ物など、遠慮せず情報交換をするようになりました。
その情報をもとに、同世代の友人とも話すようになったのですが、大体共通して言うことは、髪のボリュームによってかなり印象は変わるし、白髪よりも老けて見えてとても嫌だということなのです。
若いころからヘアケアには人一倍気を遣ったにも関わらず、こんなことになるなんてという、努力が無駄になったという絶望感も重なり、涙が出るほど辛い思いをしますが、自身の頭皮に合った女性用育毛剤に巡り合うことによって、希望が湧き、この辛さから逃げることができるので、できるだけ早く育毛剤と自身のヘアケアを見つめ直すことが必要だと実感しました。